テーマ「知識」の記事一覧|エステサロン クイーンズピュア時津店のブログ

クイーンズピュア時津店のブログ

クイーンズピュア時津店のスタッフブログ

テーマ「知識」一覧

知識

夏の冷え

みなさん、こんにちは(^_^)/~
クイーンズピュア時津店です!

日中暑さが厳しくなってきましたね(>_<)

そんな夏でも冷え性の方多いんです!!
冷え性といえば寒い冬をイメージしますが、実は夏の冷え症で体調を崩す方が多く油断大敵です!

夏の冷え症の特徴は内臓の冷えです(>_<)
冷たい物を摂りたくなる時期ですが、冷房が完備された現代生活で冷たい物を摂取しすぎると夏の冷え症を引き起こします。
胃腸や膀胱が冷えて胃腸炎膀胱炎、女性は卵巣や子宮が冷えて生理不順不妊症、代謝が下がり、肥満むくみ便秘にも繋がります。

さらに自律神経の働きも乱れて、倦怠感不眠食欲不振を引き起こします。
暑くて汗をかいたりして、内臓の冷えには気づきにくいのですが、放置していると冷え性が重症化する恐れがあるので注意が必要です(;_:)

そこで身体を内側から温めるためにはカラダを温める食べ物を摂りましょう!

食べ物にはカラダを温める「陽性食品」と冷やす「陰性食品」があります。
陰性食品は暑い土地の原産で夏が旬、色が薄く、水分が多い傾向にあります。
一方、陽性食品は寒い土地が原産で冬が旬、色が濃く、水分が少なく塩気が強い特徴があります。

陰性食品も工夫次第で陽性食品に近づけることができます。
豆腐屋夏野菜などの陰性食品は生食を避けて加熱したり、
身体を温めるみそやしょうゆなどの調味料で料理したりするといいですよ(*^_^*)

エステでマシンとマッサージをすることで、代謝を上げることもできるので、
なかなか自分で冷えを改善できないや身体に悩みがある方は気軽にご相談下さい(^_^)/~


夏の冷え

知識

生理とダイエット




こんにちは(*^_^*)
クイーンズピュア時津店です。


3月に入って
少しずつ温かくなりお出かけしやすくなりますね♪


コートも着なくてすむようになり少しずつ薄着になっていきます。
みなさん、準備はできていますか??


今日は、効率よくダイエットをするために
生理周期をうまく活用する方法をお伝えしたいと思います。



①『ダイエット休止期』

生理スタートから一週間。
痩せにくく体にも負荷が多い時です。


②『痩せ期』

二週目。(生理終了後)
精神も安定し、身体をいっぱい動かすと良いです。


③『調整期』

三週目。(排卵後)
前の週で頑張った分を定着させる。


④『蓄え期』
四週目。(生理前)
何をしても落ちにくい。
あまり気にせずキープする気持ちで。




《女性ホルモン》

エストロゲン(卵胞ホルモン)
生理終わりかけから排卵くらいまで多い。
妊娠の準備を整え、女性らしい身体をつくる。
食欲も抑えられて新陳代謝アップ。
体内の水分も排出。


プロゲステロン(黄体ホルモン)
排卵後から生理前まで多い。
妊娠に備えて女性器を守ろうと栄養、水分を
蓄えようとして食欲旺盛に。





生理スタートから二週目の
痩せ期に頑張るとグッと落ちやすくなります!!!

逆に生理前は落ちにくくなりますので
ゆっくりと過ごすように心がけましょう!!☆





知識

身体は食べた物でできている

こんにちは^^
クイーンズピュア時津店です。
スマホの写真を整理していたら面白い画像が出てきました(*^_^*)
以前SNSで話題になっていた
NG食べ物全身マップです!!

身体は食べた物でできている

身体は食べた物でできている

全ての方が写真の通りにあてはまるとは言い切れませんが
参考までに目を通していただきたいです^^

うん、うん、成る程なぁ~と思いひとり納得しているところです。

今の身体は自分が口にした食べ物でできています。
しかも、昨日今日口にした食べ物ではなく
半年前に食べた食べ物が現在の身体になっていると言われています。
粘膜は2~3日、骨は数年なので平均して半年で身体の細胞が入れ替わると言われています。

ダイエット=健康的な身体つくり

過度な食事制限、目先の体重減少ばかりに気を取られているダイエットは絶対に続きません。
逆に身体を太りやすくしている行為です。
10年後も現在の生活習慣(主に食事、運動)で過ごせますか?
過ごせない方は一度生活習慣を見直しましょう。
10年後も続けられる食生活、運動が健康な身体をつくります。